Keyspiderセミナー資料

【 Keyspider 資料】「セキュアテレワーク」強化手法—Keyspider+ソリューション3選解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロードはこちらから

【 Keyspider 資料】「セキュアテレワーク」強化手法---Keyspider+ソリューション3選解説

【 Keyspider 資料ダウンロード(無料)】
「セキュアテレワーク強化手法」として、資料(6本:計154ページ)をダウンロードできます。
「テレワークのセキュリティリスク」に加え、「Keyspider」「トラスト・ログイン by GMO」「Keygateway」「Active! gate SS」の各ソリューション解説を参照できます。

セミナー概要

求められる「全員テレワーク」

新型コロナウイルスの感染拡大により、企業に対してテレワークの導入が強く求められています。

テレワークのセキュリティリスク

テレワークは、自宅などからインターネット経由で社内システム(クラウドサービス)などに接続するため、さまざまなセキュリティリスクが伴います。
・デバイス盗難
・不正アクセス(不正侵入)
・なりすましアクセス
・情報漏洩
・内部不正の増加 など

ガートナーも「Microsoft 365」や「Google Workspace」を利用する際の認証強化(多要素認証や監査)を提唱しています。

セキュリティを強化する「認証・ID管理ソリューション」

本Webセミナーでは、テレワークセキュリティを強化できる「ID管理およびセキュリティ強化ソリューション」を解説します。

セミナー情報

セミナーカテゴリ 認証
参加者想定 情シス担当者向け
セミナータイトル 緊急事態宣言下、「テレワーク」のセキュリティ・リスクを、改めて考える ~GMOの「全員在宅勤務」を支えた、クラウドセキュリティを強化する認証基盤「トラスト・ログイン」~
セミナーテーマ ・緊急事態宣言下、「テレワーク」のセキュリティ・リスクを、改めて考える
・GMOグループの「全員テレワーク」を支えた認証基盤で、Office365 や、国産クラウドの認証を強化する
・よりセキュアに連携するために、社内システムをSAML化する方法
・クラウドや業務システムと、ID、パスワード、組織、権限を同期し一元管理する方法
・Office365 や G Suite のメールのセキュリティを強化する(誤送信防止や、メールの監査)
・テレワークに対応するための「認証・ID管理」はどこから始めるべきか?
開催日時 2020/05/29(金) 15:00~17:00
開催場所 オンライン
費用 無料
主催・協賛・協力 ・GMOグローバルサイン株式会社
・かもめエンジニアリング株式会社
・伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
・株式会社クオリティア
・Keyspider株式会社

対象製品概要紹介

①企業向けシングルサインオンソリューション「トラスト・ログイン by GMO」

→trustlogin.com

②ゼロトラストモデルネットワーク接続サービス「Keygateway」

→solution.kamome-e.com →solution →keygateway

③国産ID管理マネージドサービス「Keyspider」

→keyspider.jp

④クラウド型メール誤送信防止ソリューション「Active! gate SS」

→activegate-ss.jp

セミナー資料①

資料タイトル

Withコロナ時代でも大丈夫
GMOグループの「全員テレワーク」を支えた認証基盤で、Office365 や国産クラウドの認証を強化する
企業向けシングルサインオン
トラスト・ログイン by GMOのご紹介

資料ページ数

25ページ

資料イメージ

資料アジェンダ

トラスト・ログイン

・GMOグローバルサインとは
・トラスト・ログインの進化過程
・トラスト・ログインとは ~IDaaS~

クラウド型シングルサインオン「IDaaS」

・IDaaS市場環境
・IDaaSが伸びる背景には
・テレワーク検討事項

2つの事例—導入企業はどんな価値を得たか

・導入事例 高田製薬様
・導入事例 キヤノン電子テクノロジー様

選ばれる4つの理由—何故トラスト・ログインなの?

・トラスト・ログインを採用する4つの理由
・日本のお客様が利用するクラウドに対応
・社内ウエブシステムまでもSSO可能に
・業界最安値。全て含んでこの価格
・UIとデモンストレーション

コスト削減効果—経営層にとっては大事

・コストも削減

導入までの流れ—手間なくスピーディに

・最短1週間で運用開始できます
・資料に関するお問い合わせ先

セミナー資料②

資料タイトル

よりセキュアに連携するために、社内システムをSAML化する方法
Keygateway

資料ページ数

14ページ

資料イメージ

資料アジェンダ

TrustLoginにプラス!して、さらにセキュアなテレワーク環境を

・TrustLoginを中心とした認証統合
・ID/PWによる認証で、何が課題になるのか?
・社内システムの認証もSaaSと同様にしたい

Keygateway とは?

・SAMLで社内システムを認証統合します
・構成概要図
・まとめ

セミナー資料③

資料タイトル

「テレワーク」のセキュリティリスクを、改めて考える
~GMOの「全員在宅勤務」を支えた、クラウドセキュリティを強化する認証基盤「トラスト・ログイン」~

資料ページ数

29ページ

資料イメージ

資料アジェンダ

「テレワーク」のセキュリティ・リスクを、改めて考える

・ガートナー、テレワークのセキュリティの解決策を発表
・疑問1:これからテレワークを実施する場合、セキュリティについて何から始めればよいか
・疑問2. 早急に例外的な対応が必要となった場合、どうすればよいか
・疑問3. セキュリティが十分ではないのに「それでもとにかくテレワークを実施したい」という要望が上がってきた場合、どうすればよいか
・疑問4. 会社支給のノートPCの利用をセキュアにするには、どうすればよいか
・疑問5. 個人所有のPCを業務に利用してもよいか
・疑問6. 個人所有のスマートフォンを業務に利用してもよいか
・疑問7. Office365 (Microsoft 365) やG Suiteのようなクラウド・オフィス・サービスを、PCからの直接接続で利用したい場合、どのようにすべきか
・疑問8. ファイル共有サービスをセキュアに利用するには、どうしたらよいか
・疑問9.チャットやWeb会議ツールを使う場合、どのような点に注意すべきか
・認証基盤の必要性

クラウドや業務システムと、ID、パスワード、組織、権限を同期し一元管理する方法

・企業の認証基盤における、Keyspiderの位置付け
・ID管理の重要性

Keyspiderとは

・Keyspider概要図
・なぜKeyspiderが必要なのか
・画面サンプル
・ユースケース
・料金

セミナー資料④

資料タイトル

Office 365×Active! gate SS

資料ページ数

33ページ

資料イメージ

資料アジェンダ

Active! gate SS

・システム構成図
・提供機能一覧

提供機能動作イメージ×送信メールの一時保留

・保留機能利用フロー
・保留機能動作イメージ

提供機能動作イメージ×添付ファイル自動暗号化

・添付ファイル自動暗号化機能動作イメージ

提供機能動作イメージ×添付ファイルのwebダウンロード

・webダウンロード機能動作イメージ

提供機能動作イメージ×ヘッダ変換(メールアドレスの自動挿入)

・ヘッダ変換(メールアドレスの自動挿入) 機能動作イメージ

提供機能動作イメージ×ヘッダ変換(Bcc自動変換)

・ヘッダ変換(Bcc自動変換) 機能動作イメージ

提供機能動作イメージ×上司承認

・上司承認機能動作イメージ

セミナー資料⑤

資料タイトル

G Suite×Active! gate SS

資料ページ数

32ページ

資料イメージ

資料アジェンダ

Active! gate SS

利用時システム構成図
提供機能一覧

提供機能動作イメージ×送信メールの一時保留

保留機能利用フロー
保留機能動作イメージ

提供機能動作イメージ×添付ファイル自動暗号化

添付ファイル自動暗号化機能動作イメージ

提供機能動作イメージ×添付ファイルのwebダウンロード

webダウンロード機能動作イメージ

提供機能動作イメージ×ヘッダ変換(メールアドレスの自動挿入)

ヘッダ変換(メールアドレスの自動挿入) 機能動作イメージ

提供機能動作イメージ×ヘッダ変換(Bcc自動変換)

ヘッダ変換(Bcc自動変換) 機能動作イメージ

提供機能動作イメージ×上司承認

上司承認機能動作イメージ

セミナー資料⑥

資料タイトル

テレワークに対応するための「認証・ID管理」はどこから始めるべきか?

資料ページ数

21ページ

資料イメージ

資料アジェンダ

はじめに CTCのご紹介

・概要
・サービスにも力を入れています
・ID管理・認証基盤

CTCの考える ID管理・認証基盤についてのトレンドと今後

・認証とID管理導入にまつわる推移
・【第2世代】現在の認証基盤
・【NEXT】次なる技術要件への対応
・【NEXT①】SNSアカウントとの連携
・【NEXT②】新しいアーキテクチャのアプリへの対応
・【NEXT③】パスワードは安全か?
・【NEXT③】FIDO:認証の部品化
・【NEXT④】ID As A Service (IDaaS)の出現

IAMアセスメントサービスのご紹介

・IAMアセスメントサービス
・IAMアセスメントサービス事例紹介

資料ダウンロードはこちらから

【 Keyspider 資料】「セキュアテレワーク」強化手法---Keyspider+ソリューション3選解説

ID管理クラウドサービス「Keyspider」とは?

Keyspiderサイト「keyspider.jp」では、Keyspiderに関する情報を紹介しています。

「概要説明」「コンセプト」「他サービス連携」「主要機能」「マネージドサービス」などについて参照できますので、ご興味のある方はご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*