ID管理技術

【クラウドID管理解説】知っておきたい「 ブロックチェーン ID管理 」—セルフソブリン(自己主権型)、非保管ログイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【クラウドID管理解説】知っておきたい「 ブロックチェーン ID管理 」---セルフソブリン(自己主権型)アイデンティティ、非保管ログインソリューション

【クラウドID管理解説】
「 ブロックチェーン ID管理 」について解説しています。
ブロックチェーンID管理のメリットとして、「ブロックチェーンセキュリティ」「ID検証プロセス効率化」「IoTデバイスのID管理」「セルフソブリン(自己主権型)アイデンティティ」「非保管ログインソリューション」などについて参照できます。

「ブロックチェーン」とは

概要

「ブロックチェーン(Blockchain)」とは、あらゆる種類のデータを保存するための「分散型デジタル元帳技術」です。

「暗号通貨取引」「デジタル所有権(NFT:Non-Fungible Token)」「スマートコントラクト(契約プロトコル)」などに関する情報を記録して利用するために活用できます。

分散管理技術

ブロックチェーンは「完全に分散化されている」という特徴があります。

ブロックチェーンでは、従来の情報記録システムのように、管理者が存在し1つのデータベースで集中管理しません。

ネットワーク全体に分散した複数のノード(サーバ)に、ブロックチェーンデータベースの同一のコピーを保持することで分散管理されます。

メリット

ブロックチェーンには、従来のシステムでは実現が難しい多くのメリットがあります。
・高精度トランザクション管理—より効率的な財務および資産の移転
・コスト削減—所要時間短縮、銀行などの仲介手数料は不要
・透明性—悪意を持つ者が不正取引することはほぼ不可能
・常時稼働—24時間年中無休で運営 など

ID管理における「ブロックチェーン技術」の活用

ブロックチェーンID管理ソリューションは、「セキュリティ」「透明性」「データ制御改善」のための実行可能な機能を提供できるため、既存のID管理に関する多くの問題を解決できるものとして期待されています。

すでに、ブロックチェーン技術をベースとした多くの分散型ID管理ソリューションが提供されています。

「ブロックチェーンID管理」のメリット

ブロックチェーンID管理ソリューションは、既存のID管理問題を解決することが可能です。

大きなメリットは次のとおりです。

ブロックチェーンセキュリティ

ブロックチェーンID管理は、ブロックチェーンセキュリティにより、ID証明レコード(データ)について「永続性」および「改竄防止」を保証します。

そのため、政府や企業は、安全性と信頼性を保証して、個人のID証明をブロックチェーンに保存し、セキュアなID管理運用を実施できます。

ID検証プロセスの効率化

従来のID管理ソリューションでは、さまざまな手動プロセスが絡み合った結果として、プロセスが複雑となり、管理運営が煩雑になるという問題がありました。

ブロックチェーンテクノロジーを組み込んだID管理ソリューションは、検証プロセスを効率化する手段を提供します。

企業は「ID検証を通じてユーザーのオンボーディングタスクなどを実行する」などの柔軟性を得られます。

IoTデバイスのID管理

プライバシー侵害リスクをもたらすIoTデバイス

価値のあるデータをストリーミングする数十億台のIoTデバイスが存在しており、今後さらに多くのIoTデバイスがエコシステムに参加します。

ある種のIoTデバイスは、「個人の健康情報」や「個人を特定可能な情報」なども収集するため、ユーザーに深刻なプライバシー侵害リスクをもたらす可能性があります。

ブロックチェーンによるデータの完全制御保証

ブロックチェーンID管理ソリューションは、膨大な数となるIoTデバイスを管理するためにも活用できます。
・IoTデバイスによって収集されたデータの完全制御を保証
・データ転送において、ハッカーが機密情報にアクセスするのを防ぐためのセキュリティも提供

セルフソブリン(自己主権型)アイデンティティ

「セルフソブリン(自己主権型)アイデンティティ」とは

「セルフソブリン(自己主権型)アイデンティティ」の基本的コンセプトは『アイデンティティの所有権をユーザー側に取り戻す』ことにあります。

実態として、既存サービスプロバイダー(GoogleやFacebookなど)は、ユーザー個人情報を中央集権的に保持しているため、個人情報の漏洩事件が発生する可能性は常に存在しつづけます。

個人情報を特定の中央集権的な機関に預託するのではなく、ユーザーが自分自身の個人情報を保持(コントロール)できるようになることを目指すものです。

デジタルIDの完全な所有権と制御を取得

既存のID管理の仕組みでは、ユーザーが自分のデジタルIDを管理する際に複雑さと困難が生じます。

しかし、ブロックチェーンID管理により、ユーザーはデジタルIDの完全な所有権と制御を取得できます。

非保管ログインソリューション

「ID+パスワード」を一元管理する既存の集中型システムは、攻撃者にとって魅力的なターゲットとなります。

しかし、ブロックチェーンID管理によって「集中型システム」から「分散型システム」に変貌するため、攻撃者がターゲットとすることは、ほぼ不可能となります。

また、ブロックチェーンID管理ソリューションは、ログインするための「公開鍵+秘密鍵のペア」を活用することで、ログイン資格情報の安全性を確保します。

分散型WebIDソリューション

ブロックチェーンID管理は「分散型Web」のためのID管理機能も提供します。

分散型Web上の任意の場所で資格情報を検証するためには、ユーザーは1つのデジタルIDを所有している必要があります。

ユーザーは自身のデジタルIDをブロックチェーンに配置し、サービス提供者は検証目的でデジタルIDにアクセスできます。

重要インフラストラクチャの保護手段改善

電力グリッドや発電所などの重要インフラストラクチャの多くは、依然としてパスワードベースの低いセキュリティで運用されています。

ブロックチェーンを利用した認証システムを導入することで、セキュリティを大幅に高めることができるため、重要なインフラストラクチャへの攻撃可能性を低減できます。

ID管理クラウドサービス「Keyspider」とは?

Keyspiderサイト「keyspider.jp」では、Keyspiderに関する情報を紹介しています。

「概要説明」「コンセプト」「他サービス連携」「主要機能」「マネージドサービス」などについて参照できますので、ご興味のある方はご確認ください。


参考サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*