ID管理技術

【クラウドID管理解説】「 IDaaS 」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【クラウドID管理解説】「 IDaaS 」とは

クラウドサービスとして提供されるID管理ソリューション「 IDaaS 」について解説しています。
IDaaSの導入メリットとして、「クラウドファースト」「アプリゲートウェイ」「DX(デジタルトランスフォーメーション)を加速」「新しいデータプライバシー規制への準拠」などについて参照できます。

「IDaaS」とは

概要

IDaaS(Identity as a Service)とは、クラウドサービスとして提供されるID管理ソリューションです。

SaaS(Software as a Service)モデルの一種として、信頼できるサードパーティによってホスト(管理)されるクラウド環境で一元的にホストされ、サブスクリプションベースのソフトウェアライセンスで提供されます。

複雑化するID管理に対応

近年のID管理は「他システム連携」「セキュリティ」「ユーザーエクスペリエンス」「スケーラビリティ」「コンプライアンス」などと密接に結びついているため、複雑性を増しています。

その結果、企業単体でのシステム維持は困難となってきており、多くの企業がIDaaSソリューションに注目し、導入を進めています。

「IDaaS」の導入メリット

IDaaSソリューションは、エンタープライズクラスID管理ソリューションのすべての機能と利点をクラウドサービスとして提供するため、企業は「リスク軽減」「ソフトウェアコスト削減」「運用管理コスト削減」「複雑性縮小」「デジタルトランスフォーメーション推進」などのメリットを享受できます。

クラウドファースト

IDaaSは「クラウドファースト」および「モバイルファースト」のITモデルに最適なソリューションです。

パブリッククラウド(プライベートクラウド)で実行されるエンタープライズアプリケーションだけではなく、SaaSソリューションに対する一元化されたクラウドベースのID管理機能を提供します。

IDaaSソリューションはクラウドベースプラットフォームで動作するため、「不具合修正」「パフォーマンス向上」「新機能追加」など、自動でアップデートされていきます。

コスト削減

従来型オンプレミス環境の場合

従来型のオンプレミス環境におけるID管理ソリューションは、多額のコストがかかりました。

「ソフトウェアライセンス費用」「社内サーバハードウェア費用(維持費)」などのコストに加え、サポートを提供し潜在的な問題をリアルタイムで管理するためのITスペシャリストを確保しておく必要がありました。

IDaaSの場合

IDaaSを使用している場合、すべてのデータとアプリケーションはサードパーティプロバイダーによってホストされるため、ハードウェア費用は不要であり、ライセンス料もサブスクリプションに含まれます。

また、ITスペシャリストを確保しておく必要がないため、オンプレミスシステムよりも長期的な維持に費やすコストが少なくて済みます。

必要なシステムメンテナンスは、サービスプロバイダーの専門家にアウトソーシングされます。

迅速展開

IDaaSはすでに構成されており、サブスクライブが完了するとすぐに使用できるようになるため、オンプレミスベースシステム実装と比較すると遥かに迅速にセットアップできます。

ID管理ベストプラクティス

IDaaSサービスは、多くの導入事例のフィードバックを反映して設計されているため、ベストプラクティスベースでのID管理機能を利用できます。

DX(デジタルトランスフォーメーション)を加速

今日、多くの企業がIDaaSソリューションを利用して「運用効率化」「目標実現までの時間短縮化」を目指して、デジタルトランスフォーメーションの取り組みを進めています。

アプリゲートウェイ

企業はIDaaSソリューションを使用して、企業のデータセンターでホストされているエンタープライズアプリケーションに対するリモートアクセスを提供することも可能です。

リモートワーカー(モバイルユーザー)が、「VPNアプライアンス」や「専用のエンドポイントクライアントソフトウェア」などを使用せずに、エンタープライズアプリケーションに安全にアクセスできるようにするアプリゲートウェイをサポートします。

セキュリティ向上

信頼性の高いIDaaSプロバイダーは「データ」と「アプリケーション」をシームレスに保護できます。

プロバイダーは、新たな攻撃手法が登場しても迅速に対応できるように努力を続けています。

新しいデータプライバシー規制への準拠

強化されるデータプライバシー規制

IDaaSが重要視されている大きな理由の1つとして「新しいデータプライバシー規制への準拠」があります。

規制に違反してしまった場合は、厳しい罰則に直面し、莫大な罰金を支払わなければならない可能性があります。

企業単体での準拠は困難

これらの規制には、GDPR(EUの一般データ保護規則)など、さまざまな規制が含まれるため、企業がすべての要件に随時対応し続けることは困難です。

IDaaSで自動的に準拠

信頼できるIDaaSソリューションを利用することで、新たな規制が生まれたとしても、準拠していくことができます。

IDaaSのインテリジェンスおよび自動化機能を活用することにより、企業は「コンプライアンス」「リスク」「ガバナンス」をより適切に管理できます。

ID管理クラウドサービス「Keyspider」とは?

Keyspiderサイト「keyspider.jp」では、Keyspiderに関する情報を紹介しています。

「概要説明」「コンセプト」「他サービス連携」「主要機能」「マネージドサービス」などについて参照できますので、ご興味のある方はご確認ください。


参考サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*