ID管理概要

クラウドID管理のセキュリティ「概要」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ID管理におけるセキュリティの重要性

リモートアクセスユーザーの増加

サイバー空間におけるセキュリティ重要性意識の高まりにより、ID管理市場も大きな変化を遂げています。

これまで以上に多くのユーザーがリモートでさまざまなアプリケーションにアクセスしているため、リモート接続の「スタッフ」「パートナー」「顧客」のアクセス権に関する詳細な制御が重要となっています。

「シングルサインオン(SSO)ソリューション」や「多要素認証(MFA)ソリューション」などに対するセキュリティ要求も高まっています。

ID管理ソリューションは企業存続に不可欠なセキュリティ基盤

これらのID管理基盤に対して適切なコストを掛け続けない場合は、企業の存続に影響を与えかねないリスクに直結します。

主なリスク

・データ窃盗
・知的財産盗難
・サービスダウンタイム発生
・顧客からの信頼や評判の低下
・インシデント対応コスト発生
・GDPRなどのコンプライアンス規制による高額の罰金発生 など

ID管理ソリューションの高度化

ID管理ソリューションには、さまざまな新しいセキュリティ管理機能が求められているため、多くのID管理ソリューションの機能は高度化しています。

主な機能

・疑わしいアクティビティ発見による自動シャットアウト機能
・セキュリティスタッフへの適切な警告機能
・継続的な適応型監視機能 など

ID管理ソリューションに求められるセキュリティ要素

一般的な標準機能

優れたID管理ソリューションには、標準機能として多くの機能が搭載されています。

・適応認証機能
・コンテキスト認証機能
・シングルサインオン機能
・多要素認証機能
・IDプロトコルサポート—SAML、OAuth、OIDC
・アクセスポリシー管理機能
・セッション管理機能
・ロギングおよびレポート機能
・クラウドアクセスセキュリティブローカー機能
・エンドポイントセキュリティ機能
・アプリケーション+セキュリティ製品の統合機能—Webアクセスファイアウォール など

可視化機能

クラウドを含むITインフラストラクチャ全体において、「どのユーザーが何にアクセスできるのか?」「そのアクセスにより何を実行できるのか?」について、組織との関係性が適切かどうかを確認し、セキュリティと非セキュリティのスコープを把握できる可視化機能も重要です。

オンボーディング(オフボーディング)自動管理機能

ID管理ソリューションの中には、「ユーザーのオンボーディングとオフボーディング」において、時間経過による変化に対応して、ユーザーアクセス権限を自動設定する機能を提供するソリューションもあります。

この自動管理機能が正しく動作すると、「監査ログ欠落」「特権クリープ」「特権昇格攻撃」「一般的なIDやパスワードの混乱」などの発生を低減できます。

ID管理実装時のセキュリティに関する課題

主導的管理者の設定

企業内にID管理システムを展開する場合、「組織内の誰が、IDおよびアクセスポリシーの開発/制定/実施において主導的な役割を果たすのか?」を決定しておく必要があります。

IDリポジトリビュー

一般的な企業では、多くの「シャドーIT」や「SaaSアプリケーション」が混在しているため、すべてのIDステータスを正確に把握することは困難になっています。

すべてのIDリポジトリを統合的に把握できる「IDリポジトリビュー」を作成し、ID管理範囲を切り分け、すべてのIDステータスを確実に把握しながら運用する必要があります。

最小特権の原則

「最小特権の原則」とは「ユーザーアクセス権を作業実行するための必要最小限アクセス許可に制限する」というコンピュータセキュリティにおける重要な概念です。

最小特権の原則を適用することで、「アプリケーション」「システム」「プロセス」「デバイス」などに関するアクセス権について、許可されたアクティビティを実行するために必要なアクセス許可のみに制限でき、セキュリティを高められるという基本的な考え方を表しています。

特権アクセス管理

スーパーユーザーアカウント(システム管理者など)に付与される特権アクセスの管理は、最悪の場合、システム群が保持する全データを失ってしまう大きなリスクがあるために、ID管理セキュリティにおいて、特に重要な管理対象となります。

ID管理クラウドサービス「Keyspider」とは?

Keyspiderサイト「keyspider.jp」では、Keyspiderに関する情報を紹介しています。

「概要説明」「コンセプト」「他サービス連携」「主要機能」「マネージドサービス」などについて参照できますので、ご興味のある方はご確認ください。


参考元サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*